子供フルーツ青汁と比較

 

こどもバナナ青汁と子供フルーツ青汁の違い

本ページでは子供フルーツ青汁とこどもバナナ青汁の比較をおこなっております。

 

こちらは「こどもバナナ青汁」と同じく子供向けに開発されています。

 

主な配合成分も似てはいますが、「こどもバナナ青汁」はスーパーフードと呼ばれる栄養吸収率驚95%のスピルリナを使用しています。

 

そして同じ粉末状のものでも「子供フルーツ青汁」は粉っぽく、溶けにくいという感想もありました。

 

以下、子供フルーツ青汁の特徴です。

 

 

配合成分

主な配合成分は、
スーパー緑黄色野菜と言われる大麦若葉、大麦若葉を含む14種類の野菜(桑の葉、ケール、トマト、かぼちゃ、ゴーヤ、パセリ、モロヘイヤ、にんじん、よもぎ、ほうれん草、チンゲン菜、セロリ)。

 

フルーツはバナナ、リンゴ、温州みかん、マンゴーの4種類のみ。

 

他はビフィズス菌が配合されています。

 

同じく人工甘味料は不使用で、甘みはサトウキビを原料とした黒糖が使用されています。

 

 

価格

 

発売記念として¥1,000OFFの定期コース初回割

 

通常価格¥7,797(税込、1箱30包入が2箱)が、定期コース初回価格¥6,797。

 

1回のみの場合は、¥8,208(税込、1箱30包入が2箱)

 

こちらは、返金保証制度は特に設けていません。

 

 

口コミや評判

 

こどもバナナ青汁と子供フルーツ青汁の違い

  • 野菜が嫌いな子どもたちが「これ、おいしい!」と言って飲んでくれるので、購入して良かったです。
  • 粉っぽくて完全に溶けるまでに少し時間がかかります。ちょっと苦手かも。
  • 青汁は苦いと思っていましたが、口に入れた瞬間フルーツの香りがいっぱいに広がり、とても飲みやすくて美味しかったです。それに、栄養もカルシウムも乳酸菌も入っているのにはビックリしました。
  • 毎朝、朝食の時に牛乳に入れて飲んでいます。たまにホットケーキに入れて子供フルーツ青汁マフィンを作って食べさせたりもしています。
  • 口の中にはバナナの風味が広がるけど、ほんのり青臭さが鼻に抜ける感じでした。色も味も熟す前のちょっと若い緑色のバナナを思い浮かべました。
  • バナナのクドい甘さではないので、結構スッキリ飲めました。